フォーラム

トップ  >  第3回 「メンタルヘルスと禅①」報告
第3回 「メンタルヘルスと禅①」報告


禅に興味のある方ならはずせない題だと思います。
パネラーの本林舜道さんには、「マインドフルネス」という考え方をご紹介いただきました。人は自分の負と感じる部分をなくそう乗り越えようとするが、それも自分の一部として受け入れるところから始めよう、というもので、ひとつの性格を是非に分けて考えがちな態度を見直す提案は、舜道さんのお人柄にも通じる穏やかで優しいモノの見方でもあり、その後の禅の話にしっかりとつながる良いお話でした。

また鈴木吟風さんはカウンセラーとして現場で悩み多き人たちに直に接しておられる経験から、解決しようのない重い問題を抱え堂々巡りをして苦しむ人に対し、問題の解決はむしろ考えることより本人の心を呼吸によって収め調えていくことが第一歩で、数息観を参考に使っている、というお話をいただきました。

心が健康であるには、否定や肯定に偏らず、今生きている自分を受け入れること、我を手放してそのままを正受すること、というあたりに話が来た所で、老師にバトンタッチしまして智慧のお話をいただきました。参加者からは良く理解できたとの感想が多くありました。

私自身、フロンティアにお誘いすることそのものが新しい人間関係を生み、何よりも自分自身の世界を広げるありがたいきっかけづくりになっています。本当にありがたいことと感謝しています。

次回は京大名誉教授の本庄氏、精神科医師の太田氏をお迎えし、一層専門的なお話をいただきながら「メンタルヘルスと禅」の第2弾を開催いたします。大変楽しみにしております。御参加よろしくお願い申し上げます。



プリンタ用画面
前
第4回 「メンタルヘルスと禅②」報告
カテゴリートップ
フォーラムTOP
次
第2回 「短歌と俳句と禅」報告

禅フロンティアとは ごあいさつ 参加のご案内 坐禅とは 本の紹介 年間スケジュール アクセスマップ リンク 参加申込/問合せ

Copyright© ZEN FRONTIER All rights reserved. (Powered by ImpressCMS)   Login/ Admin...